アーカイブ

西表島マリウドブログ

福岡にいってきました。

 2016/12/10 民宿マリウド

 

只今長期のおやすみを頂いております
ガイドのまさとです。

 

今回のお休みを使って
12月に入る4日間北九州で行われる
日本セーフティーカヌーイング協会(JSCA)のカヤックのインストラクターの
指導者検定会に参加してきました。


その内容を少しここで紹介します。

 

img_3825


僕的には初めての九州。初めての福岡。
折角なので、前夜に寄り道して
観光で有名な屋台で
博多グルメを頂きました。

 

img_3826


11月の終わりでしたが、
やっぱり本州は寒かった。。。

 

そして博多駅から1時間半ほど離れた
若松にある二島駅近く

 

img_3874


ここが今回お世話になる
「玄海青年の家」
4日間泊まり込みでお世話になりました。

 

img_3863

 

施設もとても綺麗ですし、3食出るお食事もとても美味しいものでした。

 

img_3829

 

会社の研修合宿などや、一般の方も5名から宿泊できるそうなので、
若松にお越しの際は是非。
本当にいいススタッフにいい施設でした。

 

img_3828


1日目2日目そして4日目は
朝から晩までみっちりこの教室で

講習。テスト。

講習。テスト。

7科目を受講していきます。

 

もちろん1つでも科目を落とすと合格はもらえませんのでとにかく必死でした。

 

内容はこんな感じ。

 

img_3836

「総論」

ガイドとして事業者として
課せられるリスク、責任、保険
ガイドとしてお客様をお連れするに辺り
背負うものを言葉に字にして
もう一度一から安全とは何かを
学びなおしていきます。

 

「カヌーギア」

カヌーやパドル、ライフジャケット、
ツアーで使う道具を細かく学びます
カヌーとカヤックの違い。。
そんな基本的な所から始まりました。

 

img_3831

 

「フィールド」

海や川のフィールドの特徴、
風や潮の流れや変化、地形や気象。
西表島にはない渓流の流れの特徴なども
勉強していきます。

 

img_3835


「技術論」

パドルをこう漕ぐと
カヤックはどう進むのか?
理想的なパドリングとは?
体ではなんとなくわかっていても
字にして言葉にしていくと
答えれない事間違っている事が
たくさんな科目でした。

 

img_3839


「救急法」

ツアー中に起こりえる傷病や
その予防対処法を学びます。
ここでは先輩ガイドさんの
救急道具などを見せてもらったり、
過去に起こった事故などを見直したり。

 


「セーフティー」

ツアーでのリスクの認知、軽減。
トラブルの処理。
事故を起こさないための
安全管理を学びます。

 

img_3862


「指導論」

インストラクターとして
ツアーに参加するお客さんに
どううまくカヤックの技術を伝えれるか?
教壇にたって講師をお客さんとみたて、
レクチャーします。

 

img_3856


そして3日目は静水の上での
カヤックの実技テスト。

カヤックを効率的に
前や後ろ、横に動かしたり回転させたり、
インストラクターとしての最低限の
技術を試されます。


普段は波のある場所で練習していたので
この貯水池の静水はなにぶんパドリングもしやすかったんですが、、
教官の方々が見ている中のカヤッキング
もう生きてる心地がしなかった。。。

そして僕は貯水池の水が冷た過ぎて
低体温症の初期症状に見舞われ
検定終わりに湯船に連行されるというハプニングも起きました。
(これは西表島スタイルで防寒をしなかった僕のせい)

 

img_3857

午後は講師の方も皆カヤックに乗り込み
検定科目をフィードバック。
カヤックの効率的な動かし方を
実践でもう一度きちんと学びます。

 


そして全ての項目が終わり
4日目の午後、結果が報告されました。

もし落ちていても今日までの練習や
授業は無駄じゃないぞ!なんて
自分に言い聞かしながらも
やっぱり受かっててほしいと心底願いました

でまぁ

なんとか

なんとか

 

img_3872

 

ギリギリ合格をいただきました。

 

講師の方々、本当にありがとうございました


ひとまずは目標になんとか到達したと言う事で自分を褒めまくってやりたい所ですが
ダメ出しもたくさん頂いたので
これからはそれらの見直しです。
まだまだスタートラインにたったばかりです

 

ちなみにインストラクターに
なったからと言って
お客さんに何かを
求めるつもりはありません。

いつものように楽しく
ツアーは進んでいきます。


半年前にJSCAのお偉いさんが西表島に来た時に言っていた言葉を思い出します。

「お客さんがカヤックがうまくなると
より楽しさと安全が増えるよ。」

「そのためにはツアーと言う短い時間で
お客さんの悪い癖を見抜いたり
どう伝えたらこの人はうまくなるか?を
インストラクターは
追求していかなければならないと。」

 

そのしっかりとした意図が
今回の福岡でわかった気がしました。


こんなに長く書くつもりはなかったんですが
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

とりあえず今は西表島でお客さんと
カヤックを漕ぐのが楽しみです。

 


ガイド まさと

 

 


西表島大自然ツアー予約